いけだにすんでます

2012年05月15日

卵なし、なところも嬉しい「天然酵母パン ぼちぼち屋」




ちょこちょこと情報紙で目にするパン屋さん。
ずっと気になっていて、切り抜きを手帳にはさんで持ち歩いていました。

そして先週。
阪大下のダイワサイクルに、ブレーキ修理のために行った私は、
まさかの臨時休業日の張り紙に大ショックを受け、とぼとぼと帰宅していました。

井口堂の交差点に来たとき、思い出したのです。

ぼちぼち屋ってこの辺だったな、と。

住所をたよりにすすむも、見つからない。
結局、行きすぎて戻って二回目。
目を凝らしてふらふら進んでたら、お店の前に自転車があって見にくかったんですね。
数件お店が並んだ通りで見つけました。

オープンしたばかりの時間なのに、お店の中には先客かぎっしり。
…私が入って、お客三人で、もう身動きとれません。
ちょっと先のパンも見えません。

でもそんなところにも、なんだか引かれつつ。

全体を見てゆっくり選ぶなら一人で入るべきだと思うけど、私の後ろにも、もうお客さんが来てた。
人気なんだなぁ。

天然酵母のパンは、200円ぐらいのものが中心。
疲れてた私はテンションが上がっていろいろ選んだのですが、
帰宅して、お店の方が入れてくれたメモ通り、スライス→軽く焼く→食べる、を実行してみたら
…粉と、中に入ってる果物やいろいろの味が、濃くクチに広がります。

今まで、パンって、なんだか適当に食べてたな~っていうか…
あたしのこと、ちゃんと味わって食べてね
と言われてるような、パン。

チェダーチーズのパンの濃厚さに惚れました。

自転車のブレーキも結局なおせず、疲れ果ててたわたしですが、
このパンで相当に元気になりました。
まぁ、お店を見つけた段階で、かなり元気になってましたが。

卵(一部は乳も)を使っていないそうなので、息子が小麦をクリアした暁にはぜひ食べさせたいです。

ぼちぼち屋さんのブログ→http://geocities.yahoo.co.jp/gl/pechica_pechica_pechica


大きな地図で見る  

Posted by ayu at 12:19Comments(0)テイクアウト

2012年05月09日

西日本産の鶏肉・豚肉を扱う「シェフカワカミ池田店」

ここ1年、私の行きつけのようになっているスーパーが
「シェフカワカミ池田店」。

その前は、たま~に行く程度でした。
なぜ行くようになったかというと、第一の理由は、
ここの鶏肉、豚肉は西日本産であると明記されているから(2012.4月現在)。

牛肉は、産地を記載しているお肉が多いですが、
鶏肉と豚肉はたいていの場合「国産」としか書かれていません。
シェフさんもそうなのですが、そのコーナーに
「当店の豚肉は、●●産、××産・・・・です」
とポップがあり、それは全て西日本のものなのです。

原発事故以後、一時期は被災地のものを食べねばと思っていました。
でも、千葉から避難してきた方の話を聞いて、いろいろなことを調べるうちに
「子どもを内部被爆から真剣に守らなきゃ」
と思うようになりました。

実際、その鶏や豚がどの産地のエサを食べているかまで調べることはできません。
だからせめて、可能性の低い西日本のものを食したい。
でも、お店でいちいち聞くのは面倒だし、分からないというところも多い。

そんなとき、このポップを見て本当に嬉しかったし驚きました。
加えて、お店の方もとても親切。
レジの方が、気が利いてるというか、心配りが素敵です。

一時期、そのお肉のポップがなくなったことがありました。

ガーン、頼みの綱のシェフが・・・

と凹んだ私は、早速、お店にツィッターで聞いてみました。

すると、すぐにお返事が。
「鶏肉、豚肉は西日本産です。分かりにくくて申し訳ありません」
と、↑こんな短文じゃなく、すごく丁寧にお返事していただいて、
次に行ったときにはポップも復活してたのでした。

そして私の中のシェフ株が一段と上昇。

お魚屋さんも入っているので、丸のままのお魚がダーンと並べられています。
九州出身、魚大好きの私は、丸のまま買いたいんです。そして、
「2枚におろしてください」
とか、いろいろ言うタイプなので、本当に助かります。

クレジットカードは使えないし、激安というわけではないですが
(激安ではないけど、全体的にはかなり安い!)
今では大抵ココで買っています。

そうそう、駐車場にも交通整理の方がいて、
「ちょっとここは(難しくて)停められないので待ちたいです・・・」
とかいう技術的事情も分かってくれます。ははは。

HPはこちらhttp://www.chefkawakami.co.jp/



大きな地図で見る  


Posted by ayu at 17:30Comments(0)スーパー

2012年05月04日

絹延橋うどん研究所

「いけだにすんでます」というブログなのに、最初の記事は「絹延橋」。
早速、猪名川渡っちゃいました。
ま、いいか。

いつも素敵なお店を教えてくれるお友達が、
「美味しいよ~」「お薦め~」
と言ってたのを聞きつけた私は、
お子が幼稚園と小学校に行ってる隙にコソコソと行ってきました。
(しかも、次男は12時にお迎えだったので、11時半開店と同時に入るという必死さ)。

うどんですよ。
まさか、こんなにオシャレな雰囲気とは。

・・・あ、この発言は失礼。
子供の頃、妹を出産する母が病院に行き、
「何を食べたい?」
と祖母に聞かれて
「うどん」
とけなげに即答した、それほど私はうどんを愛してます(だから?)

所長さんと副所長さん(店長と副店長でしょうね、はい)の雰囲気が
すっげーいいです。
うどんのように、あったかです。
白い麺のように、キラキラでした。

まず、おかずをチョイス。そしてうどんをチョイスするシステム。
一品+うどんで、700円でした。




一瞬、足りるかな?と思った大食いの私。





でも、お野菜いっぱい取ったからよし。

アレっ子の母的には
「卵、乳をできるだけ使わないように心がけています」
の一文が、超気になりました。
小麦がクリアになれば、行けるかも…(簡単に行ってるけど、小麦は手ごわいのだ)。

麺はやわらかめ。
ぶっかけを注文しましたが、なんともいえぬホッコリ感に包まれて、
はぁ~、また来たい(そのときは、おかず大量につけて、うどんも増量するんだ!)
と思いました。

兵庫の小麦を使ってました。
素敵なお友達いわく、上のカフェもいいそうな。
日曜には「手芸部」とか「ライブ」とかもやってるそうで、
行きたい行きたい!とブツブツつぶやいてしまいました。
(まぁ、小麦アレのお子を連れてはこれないので、実際には平日かな)

ホームページはこちら。http://r.goope.jp/kinuuken


大きな地図で見る  


Posted by ayu at 22:16Comments(0)たべものやさん